現在セール中のティアモですがティアモが危険という噂が流れていますね。これは昔のカラコンが原因だと思います。

 

海外製の昔のカラコンではレンズの素材自体が古いのを使用されていたこともあり、失明などが起きていたそうです。

 

それ以外にも2009年まではカラコンが薬事法の対象とされておらず、カラコン自体が雑貨として取り扱われていたのです。

 

つまり、処方箋もいらないので粗悪な商品が世間にたくさん出回っていたのです。

 

Sponsored Links

現在のカラコン事情!

現在に限ってはレンズの素材や製造法も最新の技術がとりられており、特に日本で販売されているカラコンに関しては厳しい審査をクリアしたもののみ販売されていますね。

 

また、国内で販売の許可がおりたカラコンに関しては高度管理医療機器の承認番号が与えられていますので、安全性は非常に高くなっているといえます。

 

ティアモの公式サイトはこちら

 

ティアモのカラコンは危険ではないの??

ティアモのカラコンは危険なの?

ティアモのカラコンではセールをおこなっているくらいなので安全に使用していれば特に危険性を心配する必要もないでしょう。

 

また、ティアモで販売されているカラコンは高度管理医療機器の承認がおりていますので、安心して購入することができます。

 

失明という自体がすでに発生していたのであれば、ティアモでは販売停止が起きているといえます。

 

カラコンを正しく使用しよう!

カラコンによって視力が低下する原因として、レンズの品質というよりかは、一番保管方法や手入れの不足に問題があるとされています。

 

例えば、1日の装着時間が長すぎたり、手にメイクなどの汚れがついたままカラコンを触って装着したということが挙げられますね。

Sponsored Links

 

基本的にカラコンの装着時間は眼科医によると6時間以内が良いとされています。というのもカラコンの酸素透過性はそれほど高くないので、角膜が酸欠状態になってしまう可能性があるのです。

 

角膜が酸欠状態になると角膜上皮に問題が起きてしまったり、細菌感染を起こしてしまう場合がありますし自覚症状がないまま、角膜新生血管を患ってしまう場合があります。

 

カラコンの危険リストや種類は?韓国のメーカーはどう?

 

ですので、カラコンをつけたまま寝てしまうということは必ず避けた方が良いです。これは医療機器と承認を受けたカラコンであっても当てはまります。

 

眼科での定期健診は必要なの??

ティアモのカラコンは危険なの?

多くのカラコン使用者は角膜の傷や瞳の状態を知っておきたいという願望があると思います。カラコンを使用しているのであれば定期的な眼の検診は大切となってきます。

 

眼科医の予約をとるのであれば「3カ月ほど前からカラコンを使用しており、現在の眼の状況を知りたい」と伝えれば、日時を決めて受診することができます。

 

【検査の内容】

■レンズの度数やベースカーブが目

に合っているかどうか

 

■レンズに雑菌が繁殖していないかどうか

 

費用に関しては初診であれば、2,500円ほどとなり2回目以降であれば1,000以内でおさまるでしょう。

 

ティアモの公式サイトはこちら

 

Sponsored Links