日本人離れした顔だちやスタイルのハーフモデルたちが大人気です。中でもPopteenやViViなどのファッション雑誌モデルから始まり、お茶目なポーズやキャラクターでタレントとしても大活躍しているローラさん。

 

彫りの深いエキゾチックな顔立ちが特徴的で、ファッションアイコンとしても幅広い女性から人気を集めていますね。

 

最近ではタレントとしての露出を減らしてシックなスタイリングでイメージチェンジ。ちょっとオトナな印象になったローラはますます注目を集めそうです。

 

そんなローラも愛用しているというカラコン。彼女みたいなハーフ目になれるのでしょうか?今回は、「なりたい瞳No.1!」とも言われている彼女のエキゾチックな目元に注目してみました。

 

ローラ愛用のカラコンはこちら!

 

Sponsored Links

ローラはハーフ目なの?

rora

そもそもハーフなんじゃないの?と思われているかもしれませんが、実はローラはクォーターってご存知でしたか?

 

お父さんがバングラデシュ人、お母さんが日本人とロシア人のクォーターなので、ローラはクォーターなんです。多人種の特徴が入り交じっているからこそあのミステリアスで独特な目元になるんですね。

 

この人気のハーフ目をみんな目指そうとメイクを研究したり、髪色や眉色も合わせたりして努力していますが、そもそもハーフ目って具体的にどんな目元なんでしょう?

 

ハーフeyeにする方法!

ただデカ目ってわけじゃないんですよね。大事なのは透明感と日本人にはあまり無い立体感。そして吸い込まれるようなセクシーな深みです。それってメイクだけで実現可能?

 

いわゆるハーフ目って、ローラはじめハーフモデルや外人モデルを見ていても分かりますが、あまり作り込んでる、盛ってる感は感じさせませんよね?

 

あくまでもナチュラルに仕上げないと、ただケバいだけの印象に。

 

立体感のあるメイクが重要

メイクでできるだけ近づけるなら、マットなベージュからブラウン系のグラデーションを丁寧に厚ぼったくならないように重ねていって自然な陰影を作り、立体感を演出していくことになります。

 

目元だけでなくノーズシャドウで顔全体の彫りを深く見せたり、眉を太めに目と眉の距離を縮めることでも、ハーフ目には近づけます。

 

でも、やっぱり眼球の透明感や見つめていたくなるような深い色味はメイクだけでは変えられませんよね?そして実は、そんなローラもカラコンだったって知ってましたか?

 

ローラもカラコンを使用している!

ぱっちりしたいかにもハーフ目の彼女ですが、裸眼になるとお父さんのアジア系の血がやはり強いのか、眼球は黒なんです。

 

もちろん黒い目元でもぱっちりした印象は変わらず可愛い!んですが、やっぱりローラの彫りの深い顔立ちには透明感のあるハーフ目が似合いますよね。

 

カラコンしている方が断然ハーフ度が上がる!ということが分かりましたね。そんなわけで、ハーフ目を目指す女子はみんなカラコンを使っているんです!

 

早速ローラが使用しているカラコンを見てみる!

 

ローラがプロデュースしたカラコンのグリーンは?

rora

実は、カラコンを愛用してより印象的なハーフ目を実現しているローラがカラコンをプロデュースしているんです!商品名は「LIL MOON(リルムーン)」と「LUCEY(ルーシー)」です。

 

「LIL MOON」はドラッグストア、バラエティショップ向けブランドとして、「LUCEY」はコンタクト専門店、メガネ屋向けブランドとして展開しています。

 

リルムーンをお得に購入する!

Sponsored Links

 

リルムーンのカラーの詳細

メイン展開していてネット通販でも購入できるのが「LIL MOON」。気になるカラーバリエーションは8色展開です。

 

オールドファション、ベイビーベイビー、ミルキーグレー、ウォーターウォーター、チョコレート、クリームナッツ、クリームベージュ、クリームグレージュ。

 

クリームグレージュが薄グリーンのカラコン!?

なんだかお菓子の名前みたいで、そんなこだわりもローラらしくて良いですよね。さて、普段ローラが愛用している色ですが、実はクリームグレージュなんです。

 

あの透き通るような、薄くグリーンが入っているような奥深い瞳はこのカラコンで作られていたんですね!

 

グレージュとは、グレーがかったベージュのこと。アジア人に多いダークブラウンに重ねると、少し緑がかったミステリアスな印象になりますね。

 

これはナチュラルで思わずジッと見つめていたくなっちゃいますね。もう少しアメリカ人ぽい青みを足したいなら、ウォーターウォーターがおすすめです。

 

色素をもっと薄く、黄味がかった印象にしたいならクリームナッツと、どれもそれぞれ全然違った目元が演出できそうですよ。

 

リルムーンのクリームグレージュはこちら

 

ローラが愛用のカラコン「リルムーン」の特徴!

lilmoon

さて、このローラがプロデュースし、自身も愛用しているというカラコン「LIL MOON」ですが、評判はどうなのでしょうか?

 

まず「LIL MOON」の特徴は、従来のカラコンに特有の無機質な印象を排除し、よりナチュラルな瞳に見せるよう縁取りをドットグラデーションで表現。

 

より瞳に馴染むデザインをローラ自らが一枚一枚チェックを重ねて作られており、装着すると透明感がある目元が実現しています。

 

リルムーンのレンズの詳細

レンズのフチ幅は14.4〜14.5mmと、デカ目も違和感無く自然に作れます。

 

またレンズ構造も、よく海外製の安価なカラコンで問題になっている色素の剥がれなどのトラブルが起きないよう、まぶた側に着色剤を使用しており、角膜に色素が触れない構造になっているので安心。

 

そしてカラコンのもう一つの懸念点、酸素の透過性の低さについては、38%と低含水率にしているので酸素透過性が良いです。

 

1日中使いたい人やドライアイの人でも安心して装用できますね。もちろん度なし、度ありが選べて、手軽なワンデーと経済的な1ヶ月タイプの2ラインがありますよ。

 

更に非イオン性レンズなので、汚れがつきにくく長時間使用していても視界がクリア!快適さが持続するのも嬉しいポイントですね。

 

快適なつけ心地のリルムーンはこちら

 

リルムーンの口コミや評判

特徴を列挙してみるとすごく良さそう!でも実際使っている人の口コミはどうなんでしょう?

 

・目がうるうるになるくらい潤っていて、1日8時間着けていても心地よい!

・安いカラコンでありがちな、爬虫類みたいな瞳にならなくて自然だからすっぴんでも着けられる。

・デザインが瞳に自然に馴染むので近くで見られても違和感が無くて良い。

・発色が優しいので本当のハーフみたいな目になれる!

・レンズのサイズも大きすぎず小さすぎないから、学校や会社でも普通に使える。

 

といった好評価が並びます。

 

全体的に、盛りまくりのギャルメイクに使うギラギラ系カラコンは卒業して、ナチュラルに透き通った瞳やちょっとハーフっぽいナチュラルメイクを楽しみたい大人向け、といった傾向でしょうか。

 

すっぴん、モード系メイクどちらにも合うので普段からオシャレを張り切りたい時まで、いろいろなシーンで時と場を選ばずに使える万能カラコンと言えそうですね!

 

botan

 

Sponsored Links








 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします