まつ毛エクステンションの接着剤の一部には、有害成分が含まれていて消費者センターへ数多くの健康被害の相談があるそうです。

 

まつ毛育毛剤は効果が期待できる半面、副作用が心配だし、まつ毛美容液の中にも妊娠中は避けた方が良いとい云われている製品もあります。

 

お腹の中の赤ちゃんの事を考えると、妊娠中のまつ毛ケアはどうすれば良いのでしょうか?

Sponsored Links

 

まつ毛美容液で妊娠が避ける必要がある成分とは

matsugebiyoueki

妊娠中のママさんが避けなければならない5つの成分

 

〇ビタミンA

ビタミンAは体に必要な成分でエイジングケアに効果が期待できる成分ですが、ビタミンAを過剰摂取すると胎児の奇形性のリスクがあると報告があります。

 

〇パラベン

化粧品の防腐剤として使用されているパラベン。最近はパラベンフリーの化粧品も増えており、敏感肌の方はパラペンフリーの化粧品を選ばれる方もいます。妊娠中は避けたい成分です。

 

〇ハイドロキノン

美白化粧水に使用される成分です、肌のメラニン細胞を抑制する働きがあります。

 

数年前、某化粧品メーカーの「白斑」問題でTVや各マスコミを騒がせた成分です。

 

ハイドロキノンは、皮膚からの吸収は少ないとされていますが、胎児への毒性があるため高濃度(3%以上)のハイドロキノンを配合している化粧品は避けましょう。

 

〇サリチル酸

以前は食品に防腐剤として利用されていました、コスメに使用されている低濃度のサリチル酸は、胎児に大きな問題はないようですが、高濃度のサリチル酸は、胎児への影響が懸念されております。

 

〇植物オイルの一部

一部の植物オイルは子宮を収縮させてしまう危険性があります。

 

アロマオイルは、植物の香り成分の油分だけを抽出したもので高濃度の精油もあり、使い方にも注意が必要です。

 

なかでもローズマリーは、非常に強い香りを持っていて殺菌効果もあり化粧品の殺菌剤の代用成分として使われる事もあります、コチラも妊婦さんが避けたい成分です。

 

 

妊娠中にまつ毛美容液は使える!?

化粧品の成分には、お腹の赤ちゃんと妊娠中のママさんに危険な成分もあります。

 

ママさんと赤ちゃんに影響の少ない化粧品を選ぶ必要がありますね。

 

ですが、基本的にまつげ美容液は人体や肌への影響を考え自然由来の成分がメインで造られています。

 

妊娠中にまつ毛美容液を使用しても母体と胎児に影響が出る可能性は極めて低いのです。

 

口で服用するお薬とちがって、まつ毛に塗る美容液ですので、体内に大量に摂取するものではないと言う事が主な理由ですね。

 

まつ毛美容液を使用するうえでの注意点

妊娠中は胎児に大事な栄養を与えなければなりません。さらに母体にも栄養が必要です。

 

普段より栄養を取らなければならない時期ですが栄養が不足してしまい、脱毛や薄毛、頭髪だけでなくまつげも抜もぬけてしまう妊婦さんもおられます。

 

そのような方は副作用の心配がないならまつ毛美容液を使いたいと思われるはずです。

 

ただし、妊娠中にまつげ美容液を使うには注意しなければならない事もあります。

 

アレルギー反応が発症した時は要注意!

妊娠中は母体に様々な変化が起こります。普段は敏感肌でなかった方が何時も使用している化粧品に過剰に反応してアレルギー反応をおこす事もあります。

 

その場合、治療はお腹の赤ちゃんのことを考えなくてはなりません。

 

アレルギーなどの症状が酷くなった場合は赤ちゃんの為にも早急に適切な対処が必要になります。

 

しかし飲み薬などはお腹の赤ちゃんへの影響を第一に考えなければならないため、色々な制限が発生する可能性もあります。

 

上記の事を踏まえて、それでもまつ毛美容液が使いたい妊婦さんは、かかり付けのお医者様に相談してから使用することをおすすめします。

Sponsored Links

 

 

妊娠中にまつ毛ケアをされた方の生のレビュー

matsugebiyoueki

普段食べ物にも、あまり気を使わない方でも妊娠中は神経質になってあらゆる事に気を使い始めます。

 

食べものは、お腹の赤ちゃんの栄養の事を考えれば当然ですが、コスメにも気を配るママさんも増えているようです。

 

使っているコスメの成分を調べて、化学成分が含まれていないナチュラルコスメに切り替えるママさんもいますね。

 

 

妊娠中にまつ毛美容液使用:Aさんの体験談

「私は初めて子ども産むときにまつげがボロボロになってしまいました。

赤ちゃんが産まれた後は、お祝いに親戚や友人が駆け付け、人と会う機会が増えますから大変でした。

2人目を産むときに先の事を考えて、またまつ毛がボロボロになったらどうしようと思い友人に相談したら、まつげ美容液は妊娠中でも使えると薦めてくれました。

2人目の出産前にまつ毛美容液を使用したら副作用も出ることなく、まつ毛が抜けたり、ボロボロにもなりませんでした。

それ以来まつ毛美容液を使い続けています。今ではまつ毛美容液はまつ毛ケアの必需品になっています。」

 

 

妊娠中にまつ毛をケアする方法

o0800054210807552902

妊娠中のまつげケアとしては、まつ毛エクステンションをしたり、まつ毛美容液や育毛剤を使ったりしますね。

 

まつ毛美容液は勿論マスカラやビューラーなども極力使わずまつ毛にダメージを与えない、等色々な方法がありますが、やはりまつ毛美容液を使って妊娠中もまつ毛をケアしたいママさんも多いと思われます。

 

しかし妊娠中は母体に栄養が行き届かずに頭髪が薄くなったり、抜けてしまう事もあります。

 

さらにまつ毛までも抜けてしまう可能性もありますね。

 

 

食事によるまつ毛ケアも大切!

今までまつ毛美容液を使っていた妊婦さんは、抜け毛の予防のために、まつ毛美容液は植物由来の天然成分が殆どなので人体に影響はないと思い、そのまま継続して使いたいと思っているママさんも多いと思われますが、万が一の為に充分な注意が必要です。

 

妊娠中はまつ毛美容液の使用をお休みして、食事や生活面からまつ毛ケアすることおも大切です。

 

栄養や生活を気遣うことは、お腹の中の赤ちゃんとママさんの身体にも良い影響を与えます。

 

 

妊婦さんとお腹の赤ちゃんの為に、まぶたの健康法

まぶたは、健康に直結していうるというお医者様もおられます。

 

まつ毛エクステンションやツケまつ毛はまぶたに負担がかかります。

 

妊婦さんとお腹の赤ちゃんの健康が損なわれないように、妊娠中はまぶたに負担が掛ることは一切中止し、まつ毛をリラックスさえることが重要です。

 

そこで、以下がまぶたをリラックスさせる方法となります。

 

まぶたをリラックスさせる方法

①椅子にすわり肩の力を抜き、目を閉じて頭を垂れます。

②口をポカンと開けます。

③まぶたには力を入れず閉じているというより、まぶたを下に垂らしている感覚です。

 

上記の動作を、ヒマを見つけ行いましょう。

 

時間や回数は拘らなくても大丈夫です。

 

自分が気持ち好いと思えれば、お腹の中の赤ちゃんの健康にも良い影響を与えられるといえます。

 

妊娠中だけど安心して使用できるまつ毛美容液トップ3

 

Sponsored Links








 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします