まつげ美容液とまつ毛育毛剤はどう違うのでしょうか?頭髪の育毛剤は、医薬品である製品とそうでない製品がありますね。

 

医薬品でない育毛剤は薬用といわれています。

 

ですので、ドラッグストアやネット通販で売られている殆どの育毛剤は医薬部外品となります。

 

まつ毛育毛剤も一部の製品は医師の処方箋が必要な医薬品となりますが、まつ毛美容液との違いがきになりますね。

Sponsored Links

 

 

そもそも医薬品と医薬部外品の違いとは

matugebiyoueki

まずは医薬品と医薬部外品の分類について紹介します。

 

▪︎医薬品

製法、性状、品質、貯法等について必要な基準があり、医師の処方箋が必要。

 

 

▪︎医薬部外品

性状、品質、性能等について必要な基準があり「有効成分」が配合されていて「表示指定成分」を表示すれば全成分の表示はしなくてもよい。

 

ビタミン剤、育毛剤や薬用化粧品、まつ毛美容液などの化粧品が挙げられ、性状、品質、性能等について必要な基準があり「全成分表示」が必要となります。

 

 

まつげ美容液とまつ毛育毛剤の違いは何処にあるの?

まつげ美容液は既存の自まつ毛を抜けないようにし、太く長く、ハリやコシをあたえて、傷んだまつげもケアするトリートメント効果が期待できます。

 

一方のまつげ育毛剤はまつげを育てるために使います。

 

また、まつげ育毛剤はまつげの脱毛症や貧毛症の治療薬として開発された経緯がありますね。

 

他の薬の副作用でまつげが抜けてしまったという患者さんの為に使われています。

 

医師の指示にしたがい使用される医薬品でありますから安全面に関しても信頼が高く安心して使用することが可能です。

 

 

〇まつげ美容液の成分

・ヒアルロン酸

皮膚や間接、目に豊富にそんざいするムコ多糖酸。肌の乾燥防止、肌の水分量が高まりシワの数が減少する。

 

・フコンダイン

肝臓病、抗ガン作用、まつげの育毛に必要となる成長ホルモンの分泌を促進する。

 

・コラーゲン

細胞同士を結び付けるたんぱく質、まつげに潤いを与える保湿効果。

 

・オタネニンジンエキス

疲労回復、免疫力向上、女性ホルモンの分泌、まつげの発毛促進。

 

 

〇まつげ育毛剤の成分

まつ毛育毛剤には、上記のまつ毛美容液で使われている成分の他に、ビマトプロストという成分が含まれております。

 

この成分は緑内障患者の病状進行制御や眼内圧亢進の為に点眼薬として使用されていのですが、まつ毛の直径、密度、長さの増加が臨床結果により認められ、まつげ育毛剤の成分に配合されています。

 

 

まつげ美容液とまつ毛育毛剤の違いのまとめ

まつげ美容液は既存のまつげのダメージをケアし美しくするという目的のもとドラッグストアやネット通販などで購入できる化粧品(医薬部外品)となります。

 

一方のまつげ育毛剤の殆どが、新規にまつげの発毛や育毛を目的に開発され、医師の処方箋が必要な医薬品になります。

 

 

まつ毛美容液について、さらに知る!

matugebiyoueki

Sponsored Links

まつげ美容液の主な成分は天然成分がメインの成分で、コラーゲンやビタミンなど、人体に必要な成分で構成されています。

 

日常的にビューラーやマスカラを使用しているまつげが比較的ダメージが大きい方におすすめできますね。

 

コシのある抜け落ちにくい丈夫なまつげを作り出してくれるということです。つまり、まつげ美容液は、ヘアケアで言うトリートメント効果が期待できます。

 

 

〇まつげ美容液の効果

使う商品・まつげの生え変わり周期の個人差によって実感する時期は異なりますが、平均して約1~2か月程で長くなった・濃くなったなどの効果を感じる方が多いようです。

 

即効性は殆どはなく継続して使用すればまつ毛にハリやコシが生まれ、抜けにくい健康なまつ毛にしてくれる効果があります。

 

 

〇まつ毛美容液はオールマイティーなモノを選びましょう。

現在ではまつげ育毛剤と同じような、発毛の効果を併せ持ったまつげ美容液が増えています。

 

医師が開発に加わって発毛に期待が持てるまつげ美容液もあるようです。

 

これらの商品はまつげの発毛を促進しまつげの量を増やし、既存のまつげにハリやコシを与え、まつ毛を丈夫に育て抜けにくくします。

 

殆どのまつ毛美容液がこのタイプの医薬部外品になります。この様に頭髪の育毛剤と同じような効果が期待できるオールマイティなまつ毛美容液を選びましょう。

 

オールマイティな効果が期待できるまつ毛美容系はこれ!

 

 

まつ毛育毛剤についてさらに知る!

matugebiyoueki

〇まつ毛育毛剤は従来のまつげケアの悩みを解消してくれるのでしょうか?

従来のまつ毛ケアではこのような悩みを抱えた方がいました。

•まつ毛のエクステンションは継続するには毎月費用がかり、直ぐとれてしまう。

•まつ毛エクステンションの接着剤は健康被害の報告があり心配。

•まつ毛美容液を長期間使用したが効果が実感できなかった。

•まつ毛エクステンション、マスカラ、のせいでまつ毛が抜けて短くなった。

 

 

〇まつ毛育毛剤の効果

・まつ毛の脱毛や貧毛の症状に新規にまつ毛を発毛してくれる。

・既存のまつげを太く長く強くして健康なまつ毛にしてくれる

・新規のまつげを長く育て、既存のまつ毛もより長くしてくれる。

・抜けて間が空いている所に発毛して、まつげの本数を増やしてくれる

 

 

まつ毛美容液の臨床試験の結果

アメリカの臨床試験では、約16週間で80%以上の人に明らかなまつげの増量が認められたようです。

 

長さとしては使用前の25%増ですから、まつげの長さが6mmだった人なら使用後には1.5mm伸びた事になり凄い効果です。

 

まつ毛の密度がアップした方、1本1本が太くなりハリやコシがうまれ艶やかなまつ毛を手に入れた方、健康的なまつ毛に蘇ったという意見もありました。

 

まつ毛育毛剤には まつげの発毛を促進したり、まつげの量を増やしてくれるという効果があります。

 

 

まつ毛育毛剤とまつ毛美容液の副作用を比較!

まつげ育毛剤はまつげ美容液と違って医薬品ですので、どうしても副作用が出てしまう可能性があるといいう事がネックになります。

 

この点まつ毛美容液は天然成分をメインに構成されていますので、まつ毛育毛剤と比較すれば、副作用の心配は軽減されます。

 

コレらの点を踏まえて自身のまつ毛の状態と勘案してまつ毛美容液、まつ毛育毛剤どちらを選択するのかを検討することをおすすめします。

 

Sponsored Links








 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします