メイクには念入りに時間をかけるのに、まつ毛ケアはほとんどしていないという方も意外と多いのではないでしょうか?

 

でも、目元は顔の中でも最も注目されるパーツの1つですし、まつ毛の存在は顔の印象に大きく影響します。

 

だからこそ目元印象アップにまつ毛ケアは欠かせないですよね。

Sponsored Links

 

まつげ美容液の役割

近年ではまつ毛ケア用品として、まつ毛専用の美容液も多くの女性に支持されています。

 

まつ毛美容液は、傷んだまつ毛にハリやコシを与え、ヘアサイクルを早めるなどの効果が期待できます。

 

ただ、目元はとてもデリケートなパーツです。間違ったメイク落としやまつ毛ケアは、肌ダメージやトラブルを引き起こす原因になりかねません。

 

ですので、まつ毛のダメージ、トラブル予防はもちろんのこと、まつげ美容液の効果を最大限に活かせる方法で使用しましょう。

 

まつげ美容液でかぶれやかゆみ?結膜炎や充血は大丈夫?

とはいっても、まつげ美容液を使用する際、その副作用に関して心配される方も多いと思います。

 

目元は顔の中でも最もデリケートなパーツなので、まつげ美容液の安全性に関してはかなり配慮されてはいますが、自分に合ったものを選ばないと様々な副作用が生じる危険性があります。

 

実際、まつげ美容液の副作用に関しては数多くのケースが報告されていますが、そのほとんどは目元の皮膚に関するトラブルです。

 

特に目の周りの皮膚は他の部位に比べ非常に薄く厚さも1/4ほどしかないため、間違った使い方や刺激の強いまつげ美容液を使用するとかぶれやかゆみ、腫れなどのトラブルが起こる危険性があります。

 

色素沈着が起きる原因

極稀にまつげ育毛剤を使って目元の皮膚が茶色にくすんでしまう「色素沈着」を起こしたという報告もあります。

 

この原因は、まつげ育毛剤に含まれる「ビマトプロスト」という成分によるものです。

 

ビマトプロストには強い育毛効果が期待できる反面、色素沈着などの副作用を伴います。

 

以前は、ビマトプロストが配合されたまつげ美容液も市販されていましたが、現在ではまつげ美容液は医薬品となり、ビマトプロストを配合することを認められていません。

 

このため、まつげ美容液が原因で、目元の色素沈着が起こる心配はありません。

 

もし、まつげ美容液を使用中に目元が色素沈着を起こすことがあれば、まつげ美容液以外の原因が考えられます。

 

まつげ美容液で眼球のトラブルが発生!?

まつげ美容液のトラブルですが、目元の皮膚トラブルの次に眼球トラブルが多発しておりますね。

 

その多くは使用中、眼球に美容液が付着してしまい、目の充血や痛み、結膜炎を起こしてしまうケースです。

 

ただ、国産のまつげ美容液には眼球に深刻なダメージを与えるような刺激成分は配合されていません。

 

しかし、眼球に入ると充血や痛み、結膜炎を起こす程度の成分は含まれているので、使用する際には十分に安全に配慮する必要があります。

 

万が一美容液が眼球に付着してしまったら絶対に目を擦らないようにして、水あるいはぬるま湯でしっかりと洗い流しましょう。

 

ただ、痛みや充血がひどく、結膜炎を起こしてしまった場合、すぐに眼科へいき受診してもらうことが大切です。

 

まつげ美容液を使用する前にテストが必要?

まつげ美容液は、直接まつ毛の根元に塗り込むので、肌への相性やできるだけ低刺激で安全性の高いものを選ぶようにしましょう。

 

そうなると気になるのが配合成分ですよね。

 

特に目元は非常にデリケートなので、敏感肌ではなくても意識的に安全性の高いパラペンやシリコン無添加のタイプがおすすめです。

 

また、洗顔時に皮膚の薄い目元をゴシゴシと強く擦ったり、乾燥もしわの原因となるので注意しましょう。

Sponsored Links

 

まつげ美容液の使用時に起こり得る様々なトラブルについて紹介しましたが、こういったトラブルのリスクを下げるためにまつげ美容液を使用する前のパッチテストを行うことが大切です。

 

パッチテストの正しい方法

パッチテストを行う際は絆創膏を使うと便利でおすすめです。

 

まず、絆創膏ガーゼ部分にまつげ美容液を少量湿布します。次に皮膚の薄い部位、(二の腕の内側など)に絆創膏を貼り、1日〜2日間そのままの状態で放置し、絆創膏を剥がします。

 

この時点で、皮膚に赤みやかゆみ、痛みを生じた場合は肌質が合わない可能性が高いので、使用を控えましょう。

 

返金保証がメーカーによって付けられていますので、一度買う前に確認してみることをおすすめします。

 

 

まつげ美容液を使用するうえで守るべきポイント

まつ毛は加齢に伴い、一本一本のハリやコシが失われていくため、全体的なまつ毛ボリュームダウンに悩む人も少なくありません。

 

ただ、まつ毛もスキンケアと同様、ダメージを受けてから対策を始めるよりも、出来るだけ早い段階でのお手入れが大切です。

 

まつ毛のお手入れとしてエクステやマスカラもよいのですが、まつ毛自体のハリやコシを取り戻しボリュームアップさせるためには、まつげ美容液を使ったお手入れ(まつ毛の保湿やガード)が効果的です。

 

まつげ美容液使用のタイミングは?

まつげ美容液の効果を最大限に活かすために気を付けたいのは、使用するタイミングです。効果的なのは、洗顔後のまつ毛の根元がキレイになった浸透しやすい状態での使用です。

 

まつ毛美容液は化粧前に塗るのがポイント!?

 

逆にアイメイク後の汚れている状態では、まつげ美容液のチップやブラシに汚れが付き、雑菌が繁殖してしまう危険性があります。

 

まつげ美容液をずっと清潔な状態に保つためにも、目元がメイクなどで汚れている状態での使用は控えましょう。

 

また、汚れの付着だけでなく、まつげ美容液の有効成分メイク後だと浸透しにくいので、まつげ美容液の栄養成分をまつ毛の根元にまでしみ込ませ、より高い効果を出すためにも洗顔後の使用をおすすめします。

 

基本的に朝の洗顔後と就寝前にまつげ美容液をつけるのが理想ですが、特に就寝前の使用が効果的です。

 

これは、ゴールデンタイム(22時〜2時にかけて)の新代謝が最も活発な間にまつげ美容液の効果も最大限に発揮されるためです。

 

ただ、新陳代謝を促進させるためには質のよい睡眠が欠かせないので、まつ毛ケアや美容のためにも不摂生はせず早めの就寝をおすすめします。

 

まつげ美容液のタイプ

一口にまつげ美容液といってもまつ毛の成長効果のある海藻エキスやセンブリエキス配合のタイプや皮膚環境を整えるヒアルロン酸やセラミド配合タイプなど多種多様なので、色々な製品を試し、相性のあったものを選びましょう。

 

また、目元は最もデリケートな部位なのでなるべく肌への刺激の少ない「低刺激性」タイプを選ぶとよいでしょう。

 

例えば、アルコール、シリコン、パラペン、合成着色料などが無添加のまつげ美容液も市販されているので、口コミ評判も目安にしつつ、ご自身にとって最適なものを厳選してみてください。

 

まつげ美容液:使用の際の注意点

どんなに育毛効果が高い製品でも、肌に合わずかぶれやかゆみが生じてはまったく無意味です。

 

どんな商品を使用するにせよまずはパッチテストして、自分の肌との相性をチェックされることをおすすめします。

 

また、使い始めた時は商品の注意書きに記載された使用法や容量に注意する必要があります。

 

万が一肌トラブルが起きたり、目に入ってしまった場合は、皮膚科や眼科をすぐに受診しましょう。

 

無添加で安全性の高いまつ毛美容液TOP3

 

Sponsored Links