人気のハーフモデルやタレントの中でも異彩を放つローラさん。

 

個性的な言動だけでなく、日本人離れしたルックスやプロポーション、そしてやっぱり魅力的なのはそのエキゾチックで大きな瞳ですよね。

 

バングラデシュ人と、日本人・ロシア人ハーフのクォーターであるローラさんは、アジアと西洋の良い部分を併せ持っていて、特に吸い込まれそうな瞳は独特。

 

でも実はすっぴんだと黒っぽい瞳なんですよね。カラコンであの美しいハーフ目を作っているんです。

 

ローラ自身がプロデュースした「LIL MOON(リルムーン)」。今回は、ローラさんのあの瞳に本当に近づけるのか?着画レポや口コミを紹介していきますね。

 

Sponsored Links

botan

 

 

リルムーンのカラコンの特徴

donki

 

ローラさんプロデュースのカラコンブランド、リルムーンは主にドラッグストアやバラエティショップで販売されています。

 

カラーバリエーションは、4色展開でワンデーと1ヶ月用があります。

 

特にローラさんが実際に愛用しているのはクリームグレージュは透き通るような、薄いグリーンとグレーが混ざり合ったような不思議な瞳はこのカラコンなんですね。

 

1225-14-520x257

 

3色のトーンで奥深いエキゾチックな瞳が完成します。では実際に装用している方の口コミを見てみましょう。

 

カラコンのリルムーンのレポや口コミ!

・「ダークなグレーがベースになっていて、とっても上品。ベージュのひまわりが自然で本格的なハーフ目を作ってくれるのでわざとらしくならなくて満足です」

 

・「透け感がほどよくて、黒目が小さい私の場合、白目にかかる部分は透明感が増してちゅるんとした印象に」

 

・「フチがドットで細かいので、瞳自体の印象はぼやけず、でもくっきりしすぎなくて自然です。」

 

・「公式着画よりも発色が控えめで上品に感じました。」

 

 

口コミの評判で目立ったのは、その上品さです。

 

 

リルムーンはナチュラルなハーフ目カラコンになれる

ハーフ目を目指すカラコンって、どうしてもデカ目すぎたりひまわりがくっきり出過ぎて爬虫類っぽくなってしまったりと、どこかに不自然さやギャルっぽさが出て、ちょっと怖くなってしまうんですよね。

 

でもリルムーンは、ローラさんが一色一色時間をかけて自然な見え方を追求しながらプロデュースしているので、薄い色味でも優しげな雰囲気で、安心して着けられるんですね。

 

ナチュラルさという点では、カラコンに気づかれないという意味よりも本当に色素の薄い、奥行きのあるハーフ目に見えるという点で高評価でした。

 

もちろんカラコンしてる感はあるので、スッピンよりはメイクもした方が良いですが、控えめなナチュラルメイクやシンプルなファッションでもキレイやカッコいいといった雰囲気を演出できそう、という口コミも印象的でした。

 

ハーフ目カラコンなのに、いろんなイメージの人に幅広く対応できるという点も人気の秘密のようですね。

 

可愛いデカ目になれるクリームチョコレート

chocolate_

 

結構イエローよりのブラウンで、淡い着色なので裸眼が透けてのっぺりした印象にならない点が好評価。

 

ドーリー系のしっかりデカ目になれますよ。

Sponsored Links

 

グレージュよりもイエローが強めのクリームベージュ

creambeige690

 

「本物のヘーゼルアイを目指せる!」とハーフ目カラコン好きにはたまらないこだわり感のようです。

 

ヌーディーなベージュなので、発色はしっかりしているわりに派手さがなく、ハーフ系の中ではかなりナチュラルと言えそうです。

 

しっかりハーフメイクをしたい人におすすめのカラーですね。

 

ちょっと派手目の青系カラコン、ウォーターウォーターは、「ブルーグレーでこちらも上品!」という声が多かったですね。

 

ちょっと派手目の青系カラコン「ウォーターウォーター」

5

 

青系のカラコンだとどうしてもかなり派手になりがちで、いかにもなギャル目になってしまいそうなんですが、

 

こちらは黒目が暗い人なら人と話すくらいの距離で程よく色味が着いていることが分かるくらいな自然さ。

 

それよりも、名前の通り水面のような透明感やキラキラ感が出るのがミステリアスで素敵だと、着用レポでは話題でした。

 

やりすぎないけどちゃんとハーフっぽさを出したい方におすすめなカラーです。

 

ちなみにこちらのカラーだけは1ヶ月のみの展開となっているのでお気をつけ下さい。

 

リルムーンのまとめ

lilmoon-product_20131108_09

このように、それぞれ口コミを見ていくと共通するのは「ちゃんとキレイに発色するけどわざとらしくない」という点でした。

 

グラデーションの着け方、トーンの分け方、縁取りの細かさなど、それぞれのカラーでかなりこだわりがあるデザインになっているので、レンズだけ見るとかなり派手になりそうでも装用してみると日本人の顔で着けても違和感なく、キレイに盛れるというのは他のメーカーではなかなか出会えないポイントですね。

 

どのカラーでも、自然なハーフ目を目指したい方にはリルムーンは一番おすすめできるブランドと言えます。

 

botan

 

 

リルムーンのカラコンはドンキで購入できる?

donki

 

リルムーンはドラッグストアやバラエティショップで購入が可能と公式サイトでは紹介されているんですが、実際に探した人の口コミでは、ドラッグストアだとどこでも必ず置いているというわけではないようですね。

 

大規模店舗やカラコンを充実させている店舗ならばありそうですが、最寄りのドラッグストアを見てみて無ければ、全国のドンキホーテにかなりの確率で置いているようです。

 

度入りもあるということなので既に眼科で確実に自分の度数が分かっている人ならドンキでの購入もできるということですね。

 

ただ、お値段は定価ですので、もし在庫が無いなど無駄足になってしまうのが嫌な場合は、やっぱり公式サイトのオンラインショップで購入するのが一番確実ですよ。

 

botan

 

Sponsored Links