カラコンのキャストモールド製法とは?サンドイッチ製法との違いは絶対に知っておいた方がいいです!

 

カラコンを購入する際には製造法についても気になりますよね。

 

そこでカラコンの主な製造法について紹介していきたいとおもいます。

 

Sponsored Links

キャストモールド製法とは

まずは、キャストモールド製法についてですが、、これはレンズの素を素材と着色料を機器で混ぜてからレンズを作っています。

 

つまり、1枚のレンズで仕上がっているのでレンズが薄くなる分、つけ心地が良いといえます。また、レンズが薄い分酸素の透過性も良いといえます(^^♪

 

デメリットとしては薄い分レンズを丁寧に扱わないと破損してしまう可能性があるということです。

 

ですので、一般的にキャストモールド製法のレンズはワンデータイプが多いです。

 

サンドイッチ製法とは

一方のサンドイッチ製法は着色部分である色素を2枚のレンズではさんで作る製法となります。

 

これは色素が瞳に触れないので安全性は高いです!ただし、レンズが厚くなって硬いというデメリットがあります。

 

ですので、レンズを目に入れた時はサンドイッチ製法の方がゴロゴロした感じがありますね。

 

キャストモールド製法は安全ではないの??

最近Twitterなどではキャストモールド製法のレンズに対して

 

「カラコンを綿棒でこすると色がおちたよ(´・ω・`)」

 

という口コミが多々ありますが、本当にキャストモールド製法は危険なのでしょうか?

 

キャストモールド製法の構造

キャストモールド製法に関しては着色料といった色素に対してポリマー素材が壁となっているので、角膜に色素がつくということにはならないです。

 

 

 

カラコンのキャストモールド製法とは?サンドイッチ製法との違い!

Sponsored Links

 

 

ただ、非常に薄く繊細ということもあり綿棒などでこすると当然破損してしまいます(;^ω^)また、同じキャストモールド製法のカラコンであっても、着色方法が異なる場合があります。

 

例えば、ラップイン製法と呼ばれる着色方法がありますね。これは色素を1枚のレンズの素材自体の中に流し込んでコーティングしていく手法なります。

 

ですので、普通に使用していれば色素が目に付着することはありえないといえます(;^ω^)

 

着け心地は抜群で着けていることを忘れて入浴してしまったという方もみられます。比較的に新しい技術というのも安心して使用できるポイントですね。

 

大抵のワンデーでは「ラップイン製法+キャストモールド製法」で作られています。

 

キャストモールド製法とサンドイッチ製法のどちらが良いの?

カラコンのキャストモールド製法とは?サンドイッチ製法との違い!

どっちがいいかというより、キャストモールド製法=ワンデーに多くて、つけ心地重視はサンドイッチ製法=より安全性を重視というような認識が良いからとおもわれます。

 

ですが、一番大切なのは「高度管理医療機器承認番号」がついていることです!

 

また、特に重要なのは日々の消毒方法や保管方法とされており、これをしっかりとすることがカラコンの安全面を高く維持することができます。

 

よくカラコンを使用した口コミで「充血がヤバい」「カラコンが目にひっついた」などがありますが、大抵の場合使用法に問題があるといわれています。

 

ですので、製造法に関わらず使用法には十分に注意することが大切ですね( `ー´)ノ

 

韓国の危険なカラコンのリスト?裏の実態とは?

 

こちらでは韓国のカラコンが本当に危険なのかどうかについて書かれています。意外な裏事情があるので、参考になるでしょう。

 

Sponsored Links