普段コンタクトレンズを着用してる方であれば、カラコンも簡単に装着できるといえます。

 

ですが、視力が良い人がカラコンをするのは少し違和感がありますし、うまくつけられるまで時間がかかりますよね。

 

また、目がゴロゴロしてしまうことも多々あると思います。というのも、カラコンの方がコンタクトレンズよりも厚みが若干あるので快適に過ごすまで時間がかかりますね。

 

そこで、正しいカラコンの着用方法を以下にまとめてみました。

 

Sponsored Links

カラコンの正しい着用方法

■まずは手洗いを十分に行います。

 

■カラコンを人差し指の腹にのせて片方の開いている手でまぶたを開けた状態にしておきます。

 

■その中にカラコンを載せます。

 

■瞬きをしてカラコンを目の中央にのっているかを確認します。

 

カラコンをつける前には眼科で一度検査してもらった方がいいです。

 

カラコンをつけて違和感のある人とは?

カラコンで違和感がないのは?

いまや、カラコンは一般人・芸能人問わずに多くの方に使用されています。ですが、自分では可愛いと思ってみても装着してみると周りからは思った以上に違和感があるように見られている場合が多々ありますね。

 

例えば、レンズが大きすぎたことが挙げられます。日本人の黒目の平均が12.5mmとされていますので、着色直径が13~14mmくらいが瞳とのバランスが良いとされています。

 

ですので、着色直径が15mm以上となると少し大きすぎる場合がありますね。学校や職場につけていくのは不自然になる可能性がありますんが、夜遊びやデカ目に盛りたい時などには問題ないですね。(^^♪

Sponsored Links

 

ですが、大体、黒目と白目のバランスが「1:2:1」くらいが理想的とされています。それ以外に気を付けるべきポイントを以下にまとめていきたいと思います。

 

カラコン装着時の注意点

■ベースキューブ(BC)が合っていない

ベースキューブのサイズが瞳と合わなくて見た目自体に違和感があるような感じになる。

 

 

■眼が乾燥しやすい

カラコンには含水率がありますね。眼から乾燥を保護するのであれば「低含水率」のレンズをおススメします。

 

一見「高含水率のレンズ」の方が眼を乾燥しにくいと思われがちですが、「高含水率のレンズ」ではレンズが水分を維持しようとするために目の水分自体を吸収してしまうのです。

 

ですので、「高含水率のレンズ」だと乾燥いしやすいといえますね。

 

 

■カラコンの着用時間を考慮する

カラコンを長時間着用すると目が疲れてしまって、眼精疲労につながってしまいます。ですので、1日の着用時間を短くして、眼への負担を考慮する必要がありますね。

 

カラコンであれば1日の着用時間が約6~8時間ほどなっていますので眼が乾燥してきたのであればしっかりと目薬をすると良いですね。

 

 

■宇宙人になってしまう

黒色のカラコンはナチュラルな瞳を演出するのに人気が高いです。

 

小動物のようなウルウル瞳を演出できますが、ホラーや宇宙人になってしまうことがあるので注意が必要です。

 

 

■人工的な顔になりすぎてしまう

つけまつげやアイライン、アイシャドー涙袋などを盛りすぎてしまうと人間とは少し違った顔になってしまいますね。(;´Д`)

 

ドール派な女性であれば特に問題ないと思われますが、違和感なく可愛らしい女性を演出するのであればカラコンだけでも印象をガラッと変えることができますね。

 

では以下にナチュラルに盛れるカラコンをランキング形式で発表している記事を以下に掲載しました。

 

口コミも載せているので、参考になるでしょう( `ー´)ノ

 

>>>ナチュラルなデカ目カラコンTOP5<<<

 

Sponsored Links